Profile
×FFブログ ○PSUブログ
ガニ股トラバピーポ

ジャンピングモソク

Everyone Enjoys! Vana'diel
カテゴリ
:特設PSU
:爺さんとその家族
:徒然日記
:サブリガ基礎知識
:魅せるサブリガ
:ブラ情報お蔵出し
:おじいちゃん画伯
:けいじばん
:お勧めリンク
以前の記事
最新のトラックバック
ブログリンクさん
決意
以前、レベル60を超えた時に
おいらはこんな日記を書いている。
      ↓

約1年半前の日記


この日記に書かれている気持ちは今も変わっていない。

そして、レベル70を超えた後しばらくの間レベル上げをせずに
おいらがウダウダしていたのは、まさにこんな理由からだった。
ただ、逆にレベル70になって、カンストレベルである75が
なんとなく見えてきたことから、わかった事がある。

それは、レベル75になったところで、
おいらはまだまだちっぽけで弱っちい存在でいられるってことだ。

ここ最近、パギュールという生魚が食べられるようになる武器がほしくて
海蛇のミスリル扉奥に何日にも渡って何十時間とこもった。
しかし、このミスリル扉奥というのはレベル70になっても
まだまだ絡まれる場所で、レベル75から見ても
ギリギリ絡まれない楽相手なんかがうろうろしてて、
ソロが得意な赤なんかはわりと平気に歩き回れる場所だけれど、
ソロが苦手なモンクや他のジョブにとっては
サポ白で1・2体撃破がせいぜい精一杯、
リンクなんてした日には75でも死と隣り合わせの場所だった。

そして、勿論そんな場所のNMをレベル70のおいらが
ソロで退治できるはずもなく、連日いろいろな人にお手伝いを頼んでは
助っ人に来てもらい、時には近くの魚にからまれたあげくリンクして
二人でギャー!とか叫びながらのNM退治になった。

結局、ドロップ率が悪くておいらは未だパギュールを
手にすることは出来ていないのだが、
それ以上に大きなものをここ数日の海蛇ツアーで手に入れた気がする。

それは、75って結構ショボイ、ということである。

おいらは「最強」になるのが怖かったし、イヤだった。
最強なんてもんになったら、レベルが上がるにつれて
どんどん狭くなっていくように感じていたヴァナディールが
いよいよ箱庭のように狭くなってしまうような気がしていたし、
怖いものが何もない世界でただ何となくダラダラと
間延びした感じで過ごすようになってしまうのではないかとか、
そんなことを思うと、現状の「最強」である
カンストレベルの75までレベルを上げることに
躊躇し、なんとなく70のままで足踏みしていたのだ。

2・3ヶ月でレベルをカンストまで上げてしまうような
レベル上げに熱心な人達には
「75ってだけで最強なはずないじゃんw馬鹿じゃないの?w」と
鼻で笑われてしまいそうな考えだけど、
いつもレベル上げよりほかにやりたいことがあって、
やれ釣りだやれ素敵合成だやれ観光だ、と
約2年以上もの間、世界を一人で歩くにはあまりに低いレベルのままで
あっちにフラフラこっちにフラフラしていたおいらの目には、
レベル75の人達というのは雲の上の存在で
とても強い人達のように見えていたのだ。

でも、実際には75になったところで、
やっぱり絡まれて死にかける場所はたくさんあって、
一人じゃ倒せないモンスターなんてたくさんいて、
一人じゃ到底、歩き回れないような場所が
まだまだあることにおいらは気づいた。

自分の今の強さをかえりみた時に、
70でこの程度の強さなら、
75になってもおいらはやっぱり
MAPの無い場所で「迷ったー」と叫び
そのへんのモンスターに絡まれて「ぎゃー」と言い、
近くの人や一緒にいる人に向かって突進しながら
SAYで「助けてー help help」なんて騒いで
たくさんの人達に手を貸してもらいながら
ギャーギャー騒いでいるような、そんな
ちっぽけで弱っちいモンクでいられるのだ。

そして、だからこそ、世界はこれ以上狭くなったりはしないし、
逆にレベルの頂点に立つことによって、
今までは「もっとレベルが上がったら行けるようになるかな」なんて
淡い期待を胸に抱きながら、現状では雲の上の話であるがゆえに
自分の中の世界地図から外していた数々の場所に対しての
可能・不可能が見えてくるようになる。
それを考えたら、
「なんだ75になったら逆に世界は広くなるんじゃないか」と思った。

そんなことをここ数日で思い、気づいてから、
おいらは75になることに対して迷わなくなったし、
何となく安心した。

だから、おいらは今度こそレベル75になろうと思う。

もう、75なんて怖くない。
もう、レベルを上げることに迷わない。

いざ歩み出そう、真に矮小な存在になるために。
そして、縮んでしまったヴァナディールを
もう一度、広大な世界へと広げるために。

いつまでも矮小で弱っちくて人の助けを借りないと
満足にこの世界を歩けない、
そんなモンクでいるために。
[PR]

by subliger | 2005-11-11 12:41 | :徒然日記
<< ダメモンク 紫オカッパみすらさーん(´∀`)♪ >>