Profile
×FFブログ ○PSUブログ
ガニ股トラバピーポ

ジャンピングモソク

Everyone Enjoys! Vana'diel
カテゴリ
:特設PSU
:爺さんとその家族
:徒然日記
:サブリガ基礎知識
:魅せるサブリガ
:ブラ情報お蔵出し
:おじいちゃん画伯
:けいじばん
:お勧めリンク
以前の記事
最新のトラックバック
ブログリンクさん
●週間ヴァナディールニュース
・サブリメン差別、痕跡未だ消えず。

b0031172_18182128.jpgヴァナディール歴967年3月22日未明、ジュノ上層にて赤魔道士の青年がジュノ治安警備隊に取り押さえられた。
容疑者は、同所を通行中のサブリメンを対象に無差別に石つぶてを投げつけ、「サブリガなんてこの世にいらねえ!見苦しいんだよ!!」とスパムシャウトを繰り返していたところを巡回警備していた警備員に取り押さえられたもよう。

ジュノ治安警備隊の調べによると、石つぶてを投げつけられたサブリメンのうち
2人が軽傷、4人が心に重傷を負った。同時に行っていたスパムシャウトによるGMコールは発生しなかった。




容疑者を親しく知るB氏は、この件について
容疑者が記憶喪失状態であること、
そのため正常な判断が出来ない状態であったことを訴え、
ジュノ警備隊に容疑者の冤罪を求めている。

その時のB氏の言い分は以下の通りであった。
『奴は、本当はとてもサブリガ好きの良い子なんじゃ。
子供の頃はワシのうしろに付いてきては
「おじいちゃん、サブリガ!サブリガ!!」と大喜びして
ワシのサブリガに頬ずりしていたものじゃったよ。
あんな不幸な事件さえなければ今頃、誰よりも
サブリガを愛する立派な脚線美の青年になっているはずだったんじゃ……。
なにしろ奴は、サブリメンとして最も正しい血筋の
サブリメンになるべくして生まれてきたサラブレッドなんじゃからのう……。
それが今ではすっかりサブリガを憎むようになってしまって、
まったく人生とは因果よのう。
今でもよく、寝言で「サブリガにもう少し防御力があれば…」と
泣きながら呟いておるよ…。』

B氏の供述を元に、容疑者の身元調査を行ったところ、
容疑者はサンドリアが誇るサブリメンを多く輩出してきた
由緒正しい家柄の出身で、両親は942年度ベストオブ
サブリメン・サブリガールに輝いており、確かに幼少の頃は
好んでサブリガを履き周囲から将来を期待されていたことがわかった。
同氏が記憶を失っているという件については依然調査中であるが、
961年に起こった北サンドリアオーク襲撃事件で
942年度を含め多くのベストオブ・サブリストが
男女共に戦死している事がわかっており、
両親を亡くしたショックで記憶を失ったのではないかと予想されている。

b0031172_18202133.jpg

この事実に対し容疑者は
「まったくバカらしい話だ」「そんな事実は一切ない」と
全面否定の意志を表し、今回の事件に対する反省も見られない様子。

今回の件に関してサブリガ専門家Blanket氏は
ヴァナディール歴850年前後、数年に渡り各国で流行した
サブリメン狩りの事実をふまえたうえで、
その後、各国の政治家達がその事実を存在しなかったかのように
必死でもみ消していたが、未だサブリメンを軽視する者は多く
その差別意識は多くの人々の深層心理に根深く残っていることを指摘し、
容疑者もまたそういった暗黒史の犠牲者の一人であると語っている。

白昼堂々起こった些細な事件から露見した人種差別問題という
デリケートな問題に、今後のジュノ治安警備隊の対処が注目される。

(ヴァナロイター・3月23日社会面より記載)

-----------------------------------------------------------

b0031172_1822640.jpg

先日、上層でバッタリ合金に出くわした際に
彼がウッキウキで装備していたオニューのサングラスが
あまりに悪人ヅラだったのと、その時に立ち話しつつ
上記の記憶喪失の話を思いついて作り話したところ、
合金から「ヤメテェェェェ」と大変好評を頂いたので
せっかくだからこちらにもネット新聞ぽくして書いてみました。
もちろん、全部フィクションですよ?
[PR]

by subliger | 2005-03-23 18:30 | :徒然日記
<< キラキラ orz お別れしても、また会えたらチャラだね >>