Profile
×FFブログ ○PSUブログ
ガニ股トラバピーポ

ジャンピングモソク

Everyone Enjoys! Vana'diel
カテゴリ
:特設PSU
:爺さんとその家族
:徒然日記
:サブリガ基礎知識
:魅せるサブリガ
:ブラ情報お蔵出し
:おじいちゃん画伯
:けいじばん
:お勧めリンク
以前の記事
最新のトラックバック
ブログリンクさん
寿司食いねぇ!本当に?
最近、猫も杓子も命中上がるよ寿司マンセー!ですが。
寿司の命中+は、実際には固定値でなく%です。
 つ  ま  り !
素の命中が低ければ、それに伴い1%あたりの命中上昇値も下がるワケで。
いくらスシ食って命中上がってヒャホーイ!と言われていても、
素の命中にある程度の数値が無い限り、それほど神食事というワケでもありません。

「じゃあどのくらいの命中があれば、寿司は効果的な食事なの?」と
普段から命中に著しく悩むエルヴァーンのBlanket爺さん、
命中算出法を調べました。

特に今後、命中食事が必要となってくるエル前衛の方々へ
食事切り替え時期の参考に是非して頂きたいと思います。
以下、2ch寿司スレからのコピペに追加修正少々。
--------------------------------------------------------------
【まず、各スシの効果と1個あたりの原価、相場(リヴァ鯖2005/01現在)】
・フナすし 30min 命中+10%? DEX+1
 《原価1,100〜↑相場D13,000程度》
・トゥーナスシ 30min 命中+15% HP+20,DEX+3,CHR+5
 《原価1,000〜↑相場D17,000程度》
・スキッドスシ 30min 命中+15% HP+30,DEX+6,AGI+5,MND-1
 《原価1,100〜↑相場D19,000程度》
・ソールスシ 30min 命中+15% HP+20,STR+5,DEX+6
 《原価2,000〜↑相場D25,000程度》
・アーチングンカン 30min 命中+15% HP+40,STR+1,VIT+5
 《原価10,000〜↑相場D120,000程度》
●これを見てわかる通り、現在のスシ完成品の競売相場は
 調理職人にかなりの額の中間マージンが入っています。
 また、アーチングンカンは元々の食材が高価な為、実用性は低いです●
※1/19現在、寿司のために活魚合成を取得した調理人が増えたことや、
一般に寿司への意識が普及し始めたことをキッカケに、
バザーやシャウトによるトレード販売などで
競売相場より2000〜5000程度安く売っている場合もあり、
全体的に値段が落ち着き徐々に下がり始めています。
以前の中間マージンは、「食事」という、現状全ユーザーが必要とし
さらにその使用頻度が極端に高い消耗品としては法外な額でしたが、
あと1・2ヶ月もすればそれなりに
適正な金額になるのではないかと思われます※


【本題、命中算出法】
寿司の命中15%アップというのは以下の式とセット

・武器スキル≦200のとき
命中 = (スキル+[Dex/2]+命中ブースト)

・武器スキル>200のとき
命中 = {200+(スキル-200)*0.9+[Dex/2]}+命中ブースト}

・敵の回避表示
高い:自命中<敵回避-30
無印:敵回避-30≦自命中<敵回避+10
低い:自命中≧敵回避+10

例えば、スキル150,DEX60,命中ブースト装備なしなら素の命中は180だから、
NQの寿司は命中+27に相当する
----------------------------------------------------------------
つまり、どの程度の命中+を効果的と考えるかは
その人のジョブ・命中に対する意識によって変わりますが、
まだ元々の命中が低いレベル帯では、無理にスシを食べて
命中を若干上げるよりは、山串で攻撃上げといた方が効果的、ということです。

参考:山串の効果と、上昇キャップについて
【30min STR+5 VIT-1 AGI+2 INT-1 攻撃+22% 飛攻上昇× 攻撃上昇キャップ+60】
※上昇キャップは、装備のブースト・歌・魔法も含まれた数値から上昇値を出します。
すなわち
素の攻撃270の状態で山串を食べると攻撃が約59上昇します。
が、実際には装備でのブーストや詩人の歌などで、
さらにそこに攻撃が上乗せされます。
たとえばそこから装備・メヌエットなどで攻撃がブーストされ
攻撃が300になった場合、300の22%は66ですが、
山串の上昇キャップが60なため+66でなく+60までしか上昇しません。
[PR]

by subliger | 2004-06-07 15:04 | :ブラ情報お蔵出し
<< 回想 ブラさん的 低レベル用狩り場セレクト >>